人生で立ち止まったり悩んだり、夢を叶えたい時に見て欲しいブログです あなたにとって大きな一歩となりますように

子どもは敏感に感じ取る。ホントの心はお見通し。~我が子の不登校が教えてくれたこと~

こんにちは!

人生ナビ ちるの1分ブログです。

 

ある日の交換日記

母、衝撃の一文

「どうして私だけ学校に行けないんだろう?」

ここから、また大きな変化がありました。

 

長女 2年生後半  次女 年長さん  長男 年少さん

 

子ども達と「交換日記」をスタートしてから、

色んな事が見えてきました。

 

長女の交換日記には、

「M子と遊んで楽しかった」

「妹と弟がけんかしてて嫌だった」

「学校のプリント難し~」

とか、日常の何気ない出来事が多く書かれていました。

 

ひとつわかったこと

「○○をして△△だった。」

と本人が

「この気持ち、何がきっかけで出てきた気持ち」なのか

わかっているときは、穏やか冷静に過ごせているみたい。

 

それでも泣き叫ぶことはまだある。

ムリに学校に行かせようとしていないし、

毎日一緒に過ごしているし

ちゃんと話も聞いているし

なんだ?なんだ?なんだよ~(ノД`)・゜・。

 

泣きじゃくる長女を抱っこしながら、

私:「どうしたの?何か哀しい?」

長女:「わかんな~~~~い(≧◇≦)ぎゃ~~っ」

ってな感じ。

そんなこんなで時間が過ぎていく。

 

 

そんなある日の交換日記

長女:「私、学校行かないで悪い子だよね?

どうして私だけ学校に行けないんだろう?」

え?そんな風に思ってたの?

これが隠れていた気持ち?

心が痛い

 

言葉にならないモヤモヤはコレ?

「自分は悪い子」だなんて思っていたなら

それは、辛い時間だっただろう~~(;_:)

 

ふっと、

生まれた日のことを思い出した。

おなかにいる間、

元気に生まれることだけを願って毎日を過ごして、

五体満足に生まれてきたことに、感謝した。

 

元気に生まれてきてくれて満足って思ってたのに

その気持ちも忘れて、

成長することが当たり前になってた。

“学校に行かない我が子は普通じゃない”

“学校に行かないのは悪いこと”

って私の頭のどこかで思ってたんだろうな。。。

それが、伝わっていたのかも。。。

いや、頭じゃなく、

で・・・

 

子どもは敏感に人のを感じてる
し~っかりの中はお見通し
うわべだけで話をしてもダメ!
から話さなきゃ

 

長女の状況をどうにかする事ばかり考えていたけど

一旦、自分の考えてることを整理することにした。

そして、整理したことを、

正直に長女に伝えた。

 

  • まずは、何があっても大好きという事。
  • 悪い子だなんて思っていない。
  • 学校に行かなくなって初めはイライラした。
  • サボってる、弱い子だと思った。
  • 辛い気持ちを一緒に無くしたいと思っている。
  • 将来を考えて心配している。
  • 勉強はした方がいいと思っている。
  • 違う道もあると思っている(フリースクールの話など)
  • 辛い気持ちをなくしてあげたい。
  • 楽しい毎日が来ることを信じてる。

 

 

2日後・・・・

 

長女 「ホントは学校行きたい・・・

 でも行けないの・・・」

 

(冷静なフリして)「あっ、そうなんだ」

(心の中では「えぇぇぇぇぇ~~~行きたい?

学校行きたいの~~~~~~?!(゚Д゚;)!!!!!!)

これも、バレてた思う(笑)

予定変更で~~~~っす!

進路変更で~~~っす!

つづく

 

自分の心を開く。

素直に、まっすぐに。

それができて

ようやく

心を開いてもらえる人になれる。

 

***************************

今後の人生が上を向いて楽しんでいける羅針盤となりますように

この『人生ナビ』と一緒に今日から変わることを始めませんか?

次回は『月ちゃん』です 

お楽しみに…

お気に入り登録お願いします

***************************

#COME PASS #人生ナビ #人生再生大学

daigyakuten.com

jinseino.daigyakuten.com

 

>元気になる!笑顔になる!スイッチが入る!

元気になる!笑顔になる!スイッチが入る!

年齢も性別も職種も地域も違う そんな仲間が集まって「人生」というテーマで、 これまでに経験したことや価値観を共有しながら、 必要としている人に向けて役立つ情報を発信していきます 1つのブログの中に複数のテーマがある そこには共感や、新しい発見があり、自分にはない新たな価値観を得ることが出来るかもしれません! そして、人生を豊かにしていく事に繋げていきたいと思います